スマフォサイトの設定・作成

スマフォサイトの作成

スマホ用ページの重要性はこちらのページでお伝えした通りですが、ひとことでスマホサイトの作成と言ってもいくつかの方法があります。

①携帯端末用URLの別設定
スマホサイト作成と聞いて、一般的に想像しやすい方法だと思います。
PC用サイトとは別にスマホ用サイトを用意(URLもHTML/CSSも別)。
ユーザーエージェントに応じて、対応するURLに転送します。

(例)
PC:ferret-plus.com
スマホ:sp.ferret-plus.com

②同じURLで異なるHTMLを動的に配信する
こちらも異なるHTMLとCSSを用意しますが、URLは1つ。
ユーザーエージェントごとに異なるコンテンツ(HTMLとCSS)を返します。

③レスポンシブウェブデザイン
1ページに対し、1つのHTMLを用意。
デバイス(PC・スマホなど、ウェブサイトを閲覧する機器)の画面サイズに応じてCSSを変えることで、デザインを変更する方法です。

Googleはこの中で、レスポンシブウェブデザインを推奨しています。

URLが同一なので、ユーザーにとっては分かりやすく、Googleは効率的にクロールできて、かつ適切にインデックスできるようになります。

また、リダイレクトが不要なので、ページ読み込み速度を短縮できますし、ユーザーエージェントによる転送設定はエラーが起こりやすいのですが、そのリスクも回避できます。

サイト管理者にとっては、修正や更新をする際にわざわざデバイスごとのHTMLファイルを更新する必要がなく、管理しやすくなるというメリットがあります。

とはいえ、レスポンシブウェブデザインの対応が難しい場合もありますので、サイトの特性に応じて選択しましょう。


スマフォサイトの設定

スマホサイトを作ったから安心というわけではありません。設定を誤っていると、むしろマイナス効果になる可能性があります。

ここでは、特に気を付けなければならない項目をご紹介します。

間違った転送設定をしない

PC用ページからスマホ用ページにリダイレクトする際、関連性の低いページに転送してしまうというのは意外と多い間違い。

たとえば、スマホ向けにトップページだけ作成し、下層ページも全てスマホ用のトップページに転送するなどです。

対応するスマホページがない場合は、PC用ページを表示させましょう。
この設定を間違うと、順位にも影響します。

ページ読み込み速度を改善する

ここ最近、特に重要視されている項目です。

こちらの記事によると、携帯端末向けのページの読み込み速度は平均7秒以上。ですが、Googleは1秒以下になることが理想だと言っています。

表示速度も順位に影響しますし、何よりユーザーエクスペリエンスを損ねてしまいます。結果としてコンバージョンを逃したり、ユーザーのリピートを逃してしまうことにもなりかねないので、早急な改善が必要です。

改善方法は、Googleが提供しているPageSpeed Insightsというツールでチェックできます。モバイル用とパソコン用に提示してくれます。

Flashなどを使わない

Googleウェブマスター向け公式ブログより引用

これではコンバージョン以前に、サイトへの流入を逃してしまうことになります。
Googleは改善方法として、どのような端末でも表示される”HTML5″の使用を提唱しています。

モバイルフレンドリー条件を意識する

一番最近Googleから公開された項目です。

ユーザーにとって利便性の高い「モバイルフレンドリー」な条件の整っているページは、スマホ版の検索結果に[スマホ対応] ラベルが付与されるというもの。

その条件を満たしているかを確認するには…?
ウェブマスターツールの[モバイル ユーザビリティ] レポートに、主な問題が表示されるようになっています。また、モバイル フレンドリー テストでもチェック可能です。


ひとつひとつのお悩みにあった解決策のプランをご用意しております。


SEO事例

成功事例

ご不明な点など、お気軽にご相談ください

お問い合せ

Ferret

この内容で送信します。よろしいですか?