内部施策とは

Googleがウェブサイトを評価するための要素として、内部の項目がますます重要になってきているのは有名な話ですよね。

ですが、ひとことで「内部対策」と言っても項目はさまざま。
ここでは、中でも特に重要な、SEOの根幹とも言える内容をお話します。

①質の高いコンテンツ

Googleは、ユーザーの意図した検索結果を表示させることで検索サービスの利便性を高め、検索するユーザーを増やすことを目指しています。

そのため、ユーザーに役立つであろうサイトを上位表示して、ユーザーがいち早く欲しい情報に辿り着けるよう工夫しています。

他のサイトにもある情報ばかり掲載されているサイトだと、ユーザーが満足するとは思えないですよね。だから、あなたのサイトでしか得られないオリジナリティのある情報を提供することが大事なのです。

では、どのようにして質の高いコンテンツを作ったらいいのか。
それはこちらのページでご紹介します。


②ディレクトリ構造

ディレクトリとは、サイト内のファイルを整理・管理する保管場所。通常のパソコンで言うところのフォルダのようなものです。

ユーザーがサイト内のどこにいるのか分かりやすく、そして、URLからコンテンツが推測できるような構造をGoogleは推奨しています。

具体的には、
・テーマごとにディレクトリを整理する
・ディレクトリ名を分かりやすくする
・階層を深くしすぎない
など。

ユーザーに分かりやすいということは、つまり検索エンジンも理解しやすいということ。
サイト内のテーマを正確に判断することができるため、Googleからより適切な評価を受けやすくなります。

また、サイト運用や改修を簡単にできるというメリットも。


③クロスリンク構造

ディレクトリ構造を整えるよりもっと大切なのが、リンク導線の最適化。関連するページ同士をリンクさせる(=クロスリンク)構造を作りましょうということ。

そうすることで、”ユーザー”と”検索エンジン”のどちらに対しても、関連性のあるページへ誘導することができます。

ユーザーにとっては、スムーズに目的のページに辿り着けるというメリットが。

検索エンジンにとっては、クローラビリティがアップし、ページの重要性や各ページの関連性など、サイト全体の構造を理解しやすいというメリットがあります。

【どのように設置したらいいのか?】

○オリジナルコンテンツ(記事系ページ)へのリンク

サイトのTOPページは、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても入口のページになることが多いので、そこから各下層ページへ行ける導線を作っておく必要があります。

逆を言うと、せっかく質の高いオリジナルコンテンツを作っても、そのページに対してリンク導線がなかったり、深い階層のページからのリンクしかない場合、ユーザーにも検索エンジンにもなかなか見つけてもらえません。

つまり、がんばってコンテンツを作っても、検索エンジンからは高い評価をもらえず、ユーザーにも記事を読んでもらえないのです。

そのため、検索エンジンが一番訪れる頻度が高いTOPページから、オリジナルコンテンツ(記事系ページ)にリンクを設置することが重要です。

また、関連性のあるオリジナルコンテンツ(記事系ページ)同士をリンクさせることも効果的です。

○詳細ページ(商品詳細、求人詳細、物件詳細など)へのリンク

各詳細ページは、ページ数としては一番多くなるページではありますが、どうしてもリンク導線としては深くなってしまい、クローラービリティは悪くなりがちです。

でも、詳細ページの数が多いということは、それだけ情報量の多いサイトだということ。
それを検索エンジンとユーザーに伝えないのはもったいありません。
(※ページ数さえあれば良いというわけではないので、ご注意ください!)

対応策としては上記と同じ。TOPページからリンクを設置すること、詳細ページ同士をリンクさせることで改善することができます。


ひとつひとつのお悩みにあった解決策のプランをご用意しております。


SEO事例

成功事例

ご不明な点など、お気軽にご相談ください

お問い合せ

Ferret