サイトを改修する時間が取れない

自社(自分)のウェブサイトを開設したもののアクセス数が伸びない。
コンテンツを作ってはみたものの効果が目に見えない。
このようなお悩みはよくあります。伝えたいことは沢山あっても、ウェブデザインの見栄えが悪い配置のレイアウトであったり、画像や写真の加工バランスが悪い、こういったサイトは改修する必要があるのです。

では「何から、どこから、」始めたらいいのか?改修の知識が無く数年間放置状態にしていたり、こだわりはあっても改修する技術がない、または改修に業務時間を割けない、これではせっかくウェブサイトを開設していても無駄になってしまいます。

サイトを開設したら終わりではなく、簡単に効果を得られるわけではありません。
SEOを実施していくのであれば、永続的なサイト改修、更新作業が必要です。

なぜなら、常に変化していくアルゴリズムに対応していくこと、更新性の高い情報を配信し続けることが
重要だからです。

サイト改修の重要性

サイトを改修するときの考え方

サイト改修とは現サイトの課題を解決していくための基盤つくりです。

サイト改修後はどうあるべきか、改修後にどうありたいかといったことを念頭に検討が必要です。
現サイトを基準として自サイトの役割や目的を把握し、具体的な目標値を定めます。
そのうえで、ユーザーのニーズを理解し、最終的にコンバージョンへとユーザーを導くため、道筋やサイトで表現する情報、見てほしいことを明らかにしましょう。

自サイトへの課題・疑問を感じた時点で改修するのは早すぎることではありません。
多くの訪問を得ているサイトは日々コンテンツを更新し、そのうえで常に自サイトを解析し課題を見つけ解決へと注力しているのです。

サイト内に質の高いコンテンツがあって、さらにリンクが集まったとしても、基礎が出来ていないとGoogleは適切に評価できません。
サイトの内部をユーザーにもGoogleにも解りやすい作りにしておくことは、SEOの基本です。基盤を整え、コンテンツを増やしていくことが、これからのサイト運営には必要不可欠となります。

そしてサイトを改修しコンテンツを増やしていくうえで、取り入れたい機能やシステムの導入は特に複雑になります。


ひとつひとつのお悩みにあった解決策のプランをご用意しております。


SEO事例

成功事例

ご不明な点など、お気軽にご相談ください

お問い合せ

この内容で送信します。よろしいですか?